見積作成:業務登録

【見積:業務登録を開く】

・メインメニュー画面「見積書作成」ボタン→業務一覧画面「新規登録」ボタンを押します。
・「業務情報」画面が開きます。

【業務情報編集画面】

業務CD登録順に自動的に番号が振られます。変更は出来ません。
見積番号見積書発行時に自動的に番号が振られます。変更は出来ません。
書式:YYYY-nnnnn(YYYY:西暦、nnnnn:年毎の連番)
受付日業務を受け付けた日付を記入して下さい。
見積日見積書の発行日を記入して下さい。見積書に印刷されます。
担当者社内の担当者の名前です。ログオンした人の名前が表示されますが変更可能です。右端の選択ウィンドーから選択して下さい。
顧客名登録済みの顧客の場合は右端の選択ウィンドーから選択して下さい。
未登録の時は右の「顧客登録」ボタンで登録して下さい。
業務名業務名を記入して下さい。

【見積条件】
受渡期限右端の選択ウィンドーから選択して下さい。
未登録の場合は直接記入してもかまいません。
登録する場合は「登録メニュー」「辞書」で登録して下さい。
受渡場所
支払方法
見積合計登録された見積もりの合計が自動的に表示されます。ここで修正する事は出来ません。
見積値引き値引き金額を記入して下さい。
見積金額「見積合計」-「見積値引き」が表示されます。
見積備考備考が有れば記入して下さい。見積書の下部に印刷されます。

【受注情報】
状態業務の進行状況を「保留」「受注」「失注」「完了」を選んで下さい。
受失注日受注日、または、失注日を記入して下さい。

【請求情報】
請求日請求書を発行した日付を記入して下さい。
請求番号請求書発行時に自動的に番号が振られます。変更は出来ません。
書式:YYYY-nnnnn(YYYY:西暦、nnnnn:年毎の連番)
請求備考備考が有れば記入して下さい。請求書の下部に印刷されます。

備考備考が有れば記入して下さい。ここに記入した内容はどの書類にも印刷されることはありません。

【ボタン】
見積書発行見積書を印刷します。見積番号を決定して表示します。
登録記入内容を保存します。
閉じるこの画面を閉じてメインメニューに戻ります。
顧客登録未登録の顧客を新規に登録する時に使用して下さい。
請求書発行請求書を印刷します。請求番号を決定して表示します。
業務削除記入した業務情報を削除します。主項目/副項目等の記入内容も削除されます。